コース紹介
個別指導
コース案内
プラネットゼミのご案内
入塾の流れ
資料請求
年間スケジュール
高等学校用模擬テスト
開発の背景
模擬テストの概要
模擬テストの特徴
学費・受験料など
おしらせ
講座・講習会のご案内
教育・受験トピックス

有限会社
学陽コミュニケーションズ
プラネットゼミ


所在地/〒321-0954
栃木県宇都宮市元今泉4-8-21
UIビル201
TEL.028-635-1166
FAX.028-635-1167

会社概要


中学5教科にが手克服法


国語のアドバイス 国語の自信!


■これをやってみよう!


1.教科書と授業を大切に。

 教科書を読んで意味の分からない言葉を辞書で調べよう。
 語い(漢字など)の問題はたくさん解こう!
 *同音異語や同訓異字などは、例文を通して使い方を覚えよう。


2.いろいろな文章問題に取り組もう。

 問題をやることで、例えば指示語の内容の答え方などが身につく。


3.読書をしよう。

 今まで知らなかった言葉や表現の仕方を知ることができる。
 そして、幅広い知識を身に付けることができる。



 ただ読むだけではダメ!言葉の意味や段落の構成、作者の主張など考えながら読むことが大切。


 〜まとめ〜

 いろいろな文章に取り組むことが、国語の力をつける方法の一つです。
 新聞のコラムなどを読んで、それをまとめてみるのも良いでしょう。
 国語力は、他の教科の基本ともなります!



社会のアドバイス 社会の自信!


■これをやってみよう!


1.地理

 1 地図帳を見て、自分で白地図を書こう。
 2 地形・国名・都市名など主なところを書き入れておこう。
 3 世界、日本それぞれの産業分布や特色をまとめておこう。


2.歴史

 1 年表や教科書を参考に歴史の大きな流れをまとめておこう。
 2 政治史・外交史・社会経済史などのジャンル別に整理しよう。
 3 主な歴史上の人物は、どんなことをしたのか、どんな事件に関わっているのかまとめておこう。


3.公民

 1 毎日の新聞やニュースで興味のあることを必ずチェックする。
 2 政治的分野と経済的分野に分けて、資料などを整理する。
 3 三権分立や経済の三要素(三主体)などは、自分で図に表してまとめてみよう。


 自分できちんとまとめ直すことによって、記憶にも残りやすくなりますよ。工夫してまとめよう。



数学のアドバイス 数学の自信!


■これをやってみよう!


 復習をしっかりと!

1.授業で何を勉強したのか必ずチェック。


 (ノートやプリントのチェック)


2.問題集をやってみよう。

これをやってみよう!

 〜まとめ〜

 分からない問題をそのままにしておかないこと。
 くり返し練習することで必ずできるようになる。
 問題を解いてつまづいたところを集中的に勉強することがとても大切。
 先に進めなくてあせってしまう人が多いが、あせる必要全くなし!
 一つのつまづきを克服すると、幅広く「分かる」ようになるのが数学です!



理科のアドバイス 理科の自信!


■これをやってみよう!


 復習をしっかりと!

1.何を学んだのかを、ノート・教科書で復習する。

 ●重要語句の確認
  例)実像・虚像
 ●作図・公式・グラフが理解できるか。
  実際に問題を解いて確認する。
 ●観察・実験
  目的・過程・結果をノートにまとめる。
  実験器具の名称や使い方も含める。


2.問題を解いて確認しよう。

 問題を解くことで、その単元のポイントがさらに分かるようになる。
 電流などは同じパターンをくり返しやっておく。
 分からないところは集中的に学習しよう。


 〜まとめ〜

 【1分野】 公式やグラフが理解できるようにする。
       教科書・ワークなど→問題を解く。

 【2分野】 重要語句はもちろん、実験や観察で得たことをまとめよう。



英語のアドバイス 英語の自信!


■これをやってみよう!


1.予習をする。

 本文・単語をノートに書き写す。
 単語の意味を調べる(教科書のうらにある単語一覧を活用)
 本文の意味を自分の力で訳してみよう。
 (訳せないところは、そのままでOK→授業で確認)
 そのページで習う文法事項(基本文)を確認しておく。


2.授業をしっかり

 音読は特に大切。
 重要文法のチェック
 その他、重要表現のチェック


3.復習

 教科書本文が訳せるか。
 語句はOKか→意味・発音・アクセントを合わせて覚えよう。
 ワークなどで文法のチェック


 〜まとめ〜

 英語はとにかく何でもよいから覚えることです。
 そして、やればやっただけ間違いなく実力がつきます。
 だから、あきらめず、自信を持って進めよう!